神崎屋はおかげさまで150周年

木風呂(檜風呂・高野槇風呂)の維持管理について

維持管理は難しくないですか?

さほど難しくはございません。
木風呂をご使用なさるたびに、水洗いと乾燥をなさっていただければ充分です。一日一回の作業です。

もし木のお風呂が割れてしまったら?

マキハダという部材や荒縄で補修することも可能ですが、その場合でも水漏れが収まらない場合があり、そのときは木風呂を新しいモノに交換なさったほうがよいでしょう。

「マキハダ」とは、古くから日本でつかわれる素材で、木舟や木桶、また浴槽などで板と板の隙間に埋め込み、水漏れを防ぐ部材です。
「槙」の幹の皮から作ったものでマキハダと呼ぶのですが、「桧」の皮を用いるものもマキハダと呼びます。

 

カビが発生した場合はどうすればよいですか?

カビが発生した際はハイターやカビキラーを約2倍程度に薄めてご使用になさってください。
またご使用後は水で綺麗に洗い流してください。
ただし、頻繁に使いますと木肌を痛め、変色や腐蝕の原因につながりますのでご注意ください。

 

安心の一年保証付き・お見積り無料

  • 072-722-3741 072-722-3741
  • 072-724-3630
  • お問い合わせフォーム
  • E-mailでお問い合わせ
  • お見積りをご希望の方はここをクリック
  • カタログをご希望の方はここをクリック

木製浴槽の寸法や形状は特注仕様を承ります。
大阪府・京都府・兵庫県・奈良県・和歌山県・滋賀県の現場は、当社で設置工事もいたします。

神崎屋は150周年

木製浴槽の製品紹介

  • 木曽檜風呂
  • 高野槇風呂
  • 旧規格取替用木製浴槽
  • 小判形木製浴槽(桶風呂)
  • 丸形木製浴槽
  • 介護施設個浴浴槽
  • 高野槇足湯浴槽
  • 専用木製風呂蓋(ふろふた)
  • 風呂小物(腰掛け・小桶・移乗台等)
  • 価格表

木製浴槽について

  • 材質(樹種)の違い
  • 木風呂で使う材木
  • 木の節について
  • 木製浴槽(木風呂)の形状について
  • お手入れについて
  • 木製浴槽(木風呂)の施工について
  • 木製浴槽(木風呂)の仕様とオプション
  • よくある質問
  • 木風呂カタログをダウンロードする
  • 箱型木製浴槽専用見積もり依頼フォーム
  • phone fax email
  • twitter
  • Facebook
  • pivacymark