高野槇風呂

画像
  • 画像
  • 画像
  • 画像
  • 画像

高野槇風呂(こうやまき浴槽)

高野槇(コウヤマキ)は木風呂に最も適した材料です。槇風呂(マキブロ)と言えば、関西ではかつて風呂の代名詞でした。
その高野槇は、地方により本槙(ホンマキ)、槙(マキ)、 草槇(くさまき)などと違う名で呼ばれてますが、高野山にあった木が有名になったのでこの高野槇(コウヤマキ)とう名が一般化したようです。
高野槇(コウヤマキ)は、見事に美しい円錐に育つ樹形ゆえ造園でも一級の樹木として好まれてきました。
檜(ヒノキ)をはじめ木材は、熱伝導率が小さいため、素材自体に暖か味があって、それがなごみ感に役立っています。


新築で木風呂をご検討されている方、浴室リフォームのさいに木風呂をご検討されている方から、
旅館・ホテルのお風呂、介護施設の個浴まで、木製浴槽を寸法オーダーメード(特注注文)にてお受けいたします。

箱型専用メールフォームで見積り依頼をするファクシミリで見積もり依頼をする

木製浴槽の板の厚みによるグレードの違い

一寸一寸(約30mm)約30mm 一寸三分一寸三分(約38mm)約38mm 一寸五分一寸五分(約42mm)約42mm
耐久性 標準 長寿命 かなり長寿命
クラス 標準 上級 特上
仕様一覧 標準クラス仕様一覧をみる 上級クラス仕様一覧をみる 特上クラス仕様一覧をみる

一寸(板厚約30mm):標準の厚み

一寸三分(板厚約38mm):板が厚い分、標準より丈夫に木風呂(木製浴槽)に仕上がります。また、大きな浴槽はこの一寸三分板を 使います。当社では横幅が1350mmより大きな浴槽には、一寸三分の板を使っています。

一寸五分(板厚約42mm):一寸三分板よりもさらに分厚いので、頑丈で高級な浴槽に用います。一寸五分板の木風呂(木製浴槽)は、とても長持ちする浴槽になります。

高野槇風呂-標準クラス(板厚:一寸)

画像

標準クラス:板厚:一寸

一寸一寸三分一寸五分

高野槇風呂の板厚一寸

一寸は約30mmです。
標準の厚みになります。

毎日、こまめに清掃を繰り返せば、年を重ねても長くお使いいただくことができます。

大きな浴槽には板厚一寸ではなく、一寸三分を使います。
当社では横幅が1350mmより大きな浴槽には、一寸三分の板を使っています。

箱型専用メールフォームで見積り依頼をするファクシミリで見積もり依頼をする

入場(いりば)について

一方入場 (いっぽういりば)
二方入場 (にほういりば)
三方入場 (さんぼういりば)
一方入場 二方入場 三方入場

一方入場:木製浴槽で洗い場に接する面が1つの場合、一方入場と呼びます

二方入場:木製浴槽で洗い場に接する面が2つの場合、二方入場と呼びます

三方入場:木製浴槽で洗い場に接する面が4つの場合、三方入場と呼びます

背もたれ側二方入場と足元側二方入場
背もたれ側ニ方入場
足元側ニ方入場
背もたれ側二方入場 足元側二方入場 背もたれ側二方入場 足元側二方入場

背もたれ側ニ方入場:木製浴槽の短辺側で背もたれ側が洗い場に面する場合、背もたれ側ニ方入場と呼びます

足元側ニ方入場:木製浴槽の短辺側で足元側が洗い場に面する場合、足元側ニ方入場と呼びます

高野槇風呂-標準クラス(板厚:一寸)仕様一覧

商品名 規格寸法(mm)
横幅x奥行x高さ
入場
(エプロン)
板/価格
槇小節
画像
槇上小節
画像
槇無地
画像

高野槇風呂
900U型

画像

外寸法:900×700×630
内寸法:820×620×600

框(カマチ)厚40
丸埋め木仕様

一方入場tableimg 179,000円
(税込193,320円)
257,000円
(税込277,560円)
331,000円
(税込357,480円)
二方入場tableimg 207,000円
(税込223,560円)
269,000円
(税込290,520円)
344,000円
(税込371,520円)

高野槇風呂
1000U型

画像

外寸法:1000×700×600
内寸法:920×620×570

框(カマチ)厚40
丸埋め木仕様

一方入場tableimg 235,000円
(税込253,800円)
312,000円
(税込336,960円)
396,000円
(税込427,680円)
二方入場tableimg 256,000円
(税込276,480円)
322,000円
(税込347,760円)
406,000円
(税込438,480円)
三方入場
(長辺一方+短辺二方)tableimg
273,000円
(税込294,840円)
332,000円
(税込358,560円)
415,000円
(税込448,200円)

高野槇風呂
1200型

画像

外寸法:1200×750×600
内寸法:1100×650×570

框(カマチ)厚50
丸埋め木仕様
背もたれ付、または
背もたれ無し

一方入場tableimg 280,000円
(税込302,400円)
332,000円
(税込358,560円)
439,000円
(税込474,120円)
足もと側二方入場tableimg 292,000円
(税込315,360円)
344,000円
(税込371,520円)
449,000円
(税込484,920円)
背もたれ側二方入場tableimg 314,000円
(税込339,120円)
366,000円
(税込395,280円)
469,000円
(税込506,520円)
三方入場
(長辺一方+短辺二方)tableimg
326,000円
(税込352,080円)
378,000円
(税込408,240円)
479,000円
(税込517,320円)

高野槇風呂
1350型

画像

外寸法:1350×800×600
内寸法:1230×680×570

框(カマチ)厚60
丸埋め木仕様
背もたれ付

一方入場tableimg 340,000円
(税込367,200円)
418,000円
(税込451,440円)
534,000円
(税込576,720円)
足もと側二方入場tableimg 356,000円
(税込384,480円)
434,000円
(税込468,720円)
548,000円
(税込591,840円)
背もたれ側二方入場tableimg 374,000円
(税込403,920円)
453,000円
(税込489,240円)
564,000円
(税込609,120円)
三方入場
(長辺一方+短辺二方)tableimg
390,000円
(税込421,200円)
471,000円
(税込508,680円)
578,000円
(税込624,240円)

高野槇風呂
1500型

画像

外寸法:1500×850×600
内寸法:1380×730×560

框(カマチ)厚60
丸埋め木仕様
背もたれ付

※板厚は一寸三分です

高野槇風呂
1650型

画像

外寸法:1650×900×600
内寸法:1530×780×560

框(カマチ)厚60
丸埋め木仕様
背もたれ付

※板厚は一寸三分です

高野槇風呂
1800型

画像

外寸法:1800×1000×600
内寸法:1680×880×560

框(カマチ)厚60
丸埋め木仕様
背もたれ付

※板厚は一寸三分です

(備考1) 1200型は、背もたれ無しでも同価格で製作できます。二方見附の場合は、足元側二方見附の価格を適用します。

(備考2) 1350型は、本体の板厚が30mm仕様の場合は、背もたれ無しでは製作できません。

高野槇風呂 900U型 画像
外寸法:900×700×630

高野槇風呂 900U型の詳細をみる

高野槇風呂 1000U型 画像
外寸法:1000×700×600

高野槇風呂 1000U型の詳細をみる

高野槇風呂 1200型 画像
外寸法:1200×750×600

高野槇風呂 1200型の詳細をみる

高野槇風呂 1350型 画像
外寸法:1350×800×600

高野槇風呂 1350型の詳細をみる

高野槇風呂 1500型 画像
外寸法:1500×850×600

高野槇風呂 1500型の詳細をみる

高野槇風呂 1650型 画像
外寸法:1650×900×600

高野槇風呂 1650型の詳細をみる

高野槇風呂 1800型 画像
外寸法:1800×1000×600

高野槇風呂 1800型の詳細をみる

(備考1) 1200型は、背もたれ無しでも同価格で製作できます。二方見附の場合は、足元側二方見附の価格を適用します。

(備考2) 1350型は、本体の板厚が30mm仕様の場合は、背もたれ無しでは製作できません。

▲このページの先頭へ戻る

木製浴槽の板の厚みによるグレードの違い

一寸一寸(約30mm)約30mm 一寸三分一寸三分(約38mm)約38mm 一寸五分一寸五分(約42mm)約42mm
耐久性 標準 長寿命 かなり長寿命
クラス 標準 上級 特上
仕様一覧 標準クラス仕様一覧をみる 上級クラス仕様一覧をみる 特上クラス仕様一覧をみる

一寸(板厚約30mm):標準の厚み

一寸三分(板厚約38mm):板が厚い分、標準より丈夫に木風呂(木製浴槽)に仕上がります。また、大きな浴槽はこの一寸三分板を 使います。当社では横幅が1350mmより大きな浴槽には、一寸三分の板を使っています。

一寸五分(板厚約42mm):一寸三分板よりもさらに分厚いので、頑丈で高級な浴槽に用います。一寸五分板の木風呂(木製浴槽)は、とても長持ちする浴槽になります。

注意書き

※製品の性質上、寸法には多少の誤差が生じる可能性があります。ご了承ください。

(備考1) 1200型は、背もたれ無しでも同価格で製作できます。二方見附の場合は、足元側二方見附の価格を適用します。

(備考2) 1350型は、本体の板厚が30mm仕様の場合は、背もたれ無しでは製作できません。

●木製浴槽についての付記

  • 寸法等、各仕様はそれぞれに変更可能です。
    本体の板厚は、通常の一寸(約30mm)の他に、一寸三分(約38mm)、一寸五分(約42mm)も製作可能です。
  • 框(カマチ)後打ち仕様、浴槽二ツ割仕様、浴槽現場組立仕様も製作いたします。
  • ふろ追い焚き循環アダプター・循環パイプ用の開孔(穴開け)もいたします。(径45mmか径50mmで、1カ所8,000円)
  • 排水ゴム栓の径は、900U型は径30mm、1000型と1200型と1300型は径38mmです。
  • 荷造り送料は、別途申し受けます。(寸法・距離により異なりますのでお問い合わせください)

木製浴槽(木風呂)の仕様とオプションはこちら

安心の一年保証付き・お見積り無料

  • 072-722-3741 072-722-3741
  • 072-724-3630
  • お問い合わせフォーム
  • E-mailでお問い合わせ
  • お見積りをご希望の方はここをクリック
  • カタログをご希望の方はここをクリック

木製浴槽の寸法や形状は特注仕様を承ります。
大阪府・京都府・兵庫県・奈良県・和歌山県・滋賀県の現場は、当社で設置工事もいたします。

木製浴槽の製品紹介

  • 木曽檜風呂
  • 高野槇風呂
  • 旧規格取替用木製浴槽
  • 小判形木製浴槽(桶風呂)
  • 丸形木製浴槽
  • 介護施設個浴浴槽
  • 高野槇足湯浴槽
  • 専用木製風呂蓋(ふろふた)
  • 風呂小物(腰掛け・小桶・移乗台等)
  • 価格表

木製浴槽について

  • 材質(樹種)の違い
  • 木風呂で使う材木
  • 木の節について
  • 木製浴槽(木風呂)の形状について
  • お手入れについて
  • 木製浴槽(木風呂)の施工について
  • 木製浴槽(木風呂)の仕様とオプション
  • よくある質問
  • 木風呂カタログをダウンロードする
  • 箱型木製浴槽専用見積もり依頼フォーム
  • phone fax email
  • twitter
  • Facebook
  • pivacymark